読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック企業に勤める人が真の「非リア」

よく、彼女がいる人のことを「リア充(=リアルが充実している)」、彼女がいない人を「非リア」と呼びます。

でも、彼女がいない人って、本当に非リアでしょうか?

私の周りにも、恋人いない人、彼女いない歴=年齢みたいな人がたくさんいますが、全員なんだかんだいって人生楽しんでます。

では、真の非リアとは、どういう人でしょう?

私は、ブラック企業の社員こそが真の非リアだと思ってます。

ちなみに、私の考えるブラック企業の定義とは、「客観的に見て度が過ぎてる労働環境(①)、あるいは、主観的に見て耐えられない労働環境(②)」を指します。

投資銀行やコンサルは、仕事にやりがいがあっても、残業200時間とかが普通なので文句なしのブラックです。やりがい搾取です。(①の定義)
また、上司のパワハラがきつかったり、残業代が支払われず不満がたまったりしている企業も該当します。(②の定義)

人は、会社にこき使われるために生きているわけではありません。逆に、会社は、人を搾取するためにあるのではなく、生計を立てる手段と、夢を実現するための手段としてあるべきです。

ブラック企業の社員=非リア」

こういったイメージが世間に流行すれば、少しは世の中が変わっていくような気がしています。